漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「済/濟」という漢字
「済/濟」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「済」は小学6年生で習います。「濟」は常用漢字外です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「等しい」(同意語:斉)

②「入れる

③「数の多いさま」(例:済済)

④「空気が重たくて、近寄りにくいさま」(例:済済)

⑤「美しくて立派なさま」(例:済済)

⑥「川の名前(済水)。河南省済源市の王屋山を発し、黄河に注ぐ川。

⑦「渡る」、「渡す」、「川を渡る

⑧「渡し場(船で人・車などを対岸へ渡す所)

⑨「救う」、「助ける」(例:救済、経済)

⑩「なす」、「成し遂げる

⑪「成る」、「出来上がる

⑫「すむ(終わる)」、「すます(終わらせる)」(例:返済)

成り立ち

会意兼形声文字です(氵()+())。「流れる」の象形(「」の意味)と

穀物の穂が伸び、はえそろっている」象形(「そろう」の意味)から、多く

ものが「そろう」、「ひとしい」を意味する「済」という漢字が成り立ちました。

また、「」は「進」に通じ(「進」と同じ意味を持つようになって)、「進む」

の意味をあらわすようになり、そこから、「川を進む」、「渡る」、貧困や

障害をわたり過ごさせ「助ける」の意味も表すようになりました。

※「済」は「濟」の略字です。

※「濟」は「済」の旧字(以前に使われていた)です。

漢字の成り立ちの歴史背景

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「サイ

常用漢字表外:「セイ」、「ザイ(濟のみ)」

訓読み:「す(ます)」、「す(む)

常用漢字表外:「すく(う)」、「な(す)」、「わた(す)」、「わた(る)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
いつき」、「」、「かた」、「さだ」、「さとる」、「すみ」、「ただ」、
とうる」、「とおる」、「なり」、「なる」、「まさ」、「ます」、「やす」、
よし」、「わたす」、「わたり」、「わたる

画数

11画」(済)

17画」(濟)

部首

氵(さんずい(三水))

「氵」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る