漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「論」という漢字
「論」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「論」は小学6年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「ロンずる

 ア:「(それぞれの考えを)言い合う」(例:議論)

 イ:「正しいか・正しくないか、良いか・悪いかをよくわかるように話す」、
   「のそうなった理由を話す

 ウ:「意見を集めて定める」(例:議定)

 エ:「罪を裁く」、「判決を下す

②「見解(に対する考え方)」、「主張」(例:正論、世論)

③「はかる

 ア:「考え

 イ:「おしはかる(推測する)

 ウ:「尋ねる

 エ:「調べる

④「文体の名前。自分の意見を主張し述べる文。

⑤「論語の略」(論語とは、四書の1つで、儒家の聖典とされる。

⑥「論蔵の略」(三蔵(経・論・疏)の1つ。仏の教えについて、
   弟子たちが述べた語)

⑦「筋道(そうなった理由、順序)」(同意語:倫)

成り立ち

会意兼形声文字です(+侖)。「取っ手のある刃物の象形と口の象形

(「(つつしんで)言う」の意味)と「三直線が合うさまを示す文字と文字を

書き付けるにひもで編んだふだの象形
」(「筋道を立てる」の意味)

から、「筋道を立てて述べる」を意味する「論」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「ロン

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「あげつら(う)」、「と(く)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「とき」、「のり

画数

15画

部首

言(ごんべん(言偏)、げん、ことば(言葉))

「言」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る