漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「触/觸」という漢字
「触/觸」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「触」は中学生で習います。「觸」は常用漢字外です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「ふれる」、「さわる

 ア:「当たる」、「何かが身体にふれて、そのものの存在が
    感覚的にわかる
」(例:接触)

 イ:「かかわりを持つ」、「関係する

 ウ:「犯す(法律・規則などに反した行為をする)」(例:触冒)

 エ:「汚す(大切なもの・美しいものをよごす、名誉(高い評価)を
    傷つける)


 オ:「感情を害する」(例:触忌)

以下は日本のみで用いられる意味

 カ:「告げ知らせる」、「通達する

②「外物(他の・外の)に関わりを持って生じる心の作用」(仏教語)

日本のみで用いられる意味

③「ふれ(役所などからの通告・通知)


[障・触の使い分け](さわる)

」・・・「差し支える(都合の悪い事が起こる)」(例:健康に障る)

」・・・「ふれる」(例:手で触る)

成り立ち

会意兼形声文字です(+(蜀))。「中が空になっている固い、つの」の象形

(「角(つの)」の意味)と「大きな目を持ち、桑にむらがり動く不快な虫、

あおむし
」の象形(「あおむし」の意味だが、ここでは、「つづく」の意味)

から、「角がつく」、「ふれる」を意味する「触」という漢字が成り立ちました。

※「触」は「觸」の略字です。

※「觸」は「触」の旧字(以前に使われていた)です。


読み

音読み:「ショク

常用漢字表外:「ソク

訓読み:「さわ(る)」、「ふ(れる)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

画数

13画」(触)

20画」(觸)

部首

「触」の部首
①「角(かく、つの、つのへん(角偏))

「角」を含む漢字一覧

②「虫(むし、むしへん(虫偏))

「虫」を含む漢字一覧

「觸」の部首
角(かく、つの、つのへん(角偏))

「角」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る