漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「偶」という漢字
「偶」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「偶」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「ひとがた・にんぎょう(人形)・でく(木や紙、土などで人間の
  まねてったもの)
」(例:偶人、土偶)

②「二で割り切れる数」(例:偶数)(反意語:)

③「並ぶ」、「そろう」(例:対偶)

④「たぐい

 ア:「仲間

 イ:「つれ(一緒に行動する。また、その)」(例:配偶)

⑤「あう」、「あわせる」(例:偶合)

⑥「たまたま、たまに(まれである、めったにない事)」(例:偶然)

⑦「予想していなかったが起きたさま」(例:偶然)

成り立ち

形声文字です(+禺)。「から」の象形(「」の意味)と

大きな頭と尾を持ったサル、おながざる又は、なまけもの」の象形

(「おながざる・なまけもの」の意味だが、ここでは、「寓(ぐう)」に通じ

(同じ読み持つ「寓」と同じ意味を持つようになって)、「かりる」の意味)

から、木を借りて人の似せたもの「人形(ひとがた・でく)」を意味する

「偶」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
【漢字の謎 解明講座】の資料も合わせてもらってみて下さい。

ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。

また、古代中国の歴史がイメージできるアニメの絵も
あって
とてもわかりやすかったです。

講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「グウ

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「たぐい」、「たまたま」、「ひとがた

名前(音読み・訓読み以外の読み):
あい」、「あう」、「かた」、「とも」、「ます

画数

11画

部首

亻(にんべん(人偏))

「亻」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る