漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「霜」という漢字
「霜」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「霜」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「しも(氷点下に冷却した地面や地上の体に、空気中の水蒸気が
  触れてできる氷の結晶。晴れた夜に出来やすい。)


②「白いものや清く(きれいに)とぎすまされたもののたとえ

 ア:「髪などの白いたとえ」(例:霜髪)

 イ:「鋭い物のたとえ」(例:霜鋒)

 ウ:「冷たいもののたとえ

 エ:「法などの厳しい事のたとえ」(例:霜烈)

 オ:「いさぎよい(思い切りがよい)ことのたとえ

③「白い粉末

成り立ち

形声文字です(+)。「天の雲から水滴がしたたり落ちる」象形と

大地を覆うの象形と人の目の象形」(「木の姿を見る」の意味

だが、ここでは、「喪(ソウ)」に通じ(同じ読み持つ「喪」と同じ意味を

持つようになって)、「失う」の意味)から、万物を枯らし見失わせる

しも」を意味する「霜」という漢字が成り立ちました。


読み

音読み:「ソウ

訓読み:「しも

画数

17画

部首

雨・⻗(あめ、あめかんむり(雨冠)、あまかんむり(雨冠))

「雨・⻗」を含む漢字一覧

合わせてチェックしてみよう
」、「

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る