漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「卩」という漢字
「卩」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「卩」は常用漢字外です。「卩」は部首です。)


成り立ち読み方画数・部首解説
意味

①「(しるし-ある事実を明らかにするもの)

②「割符(わりふ)(木片・竹片・紙片などに文字をし、証印をして
  二つにったもの。当事者双方が一片ずつち、わせて後日の
  証拠とした。)


③「手形(一定の金額の支払いを目的とする紙片)

※手形の仕組み・・・簡単に言うと、商人が商品購入のために発行した
  手形・割符を相手先にり、相手が受け取った手形を発行元や商人が取引
  している銀行に換金を要求して売買契約を成立させます。

成り立ち

象形文字です。「のひざまずく」象形から「膝(ひざ)の関節」の

意味をし、そこから、両足の関節が向き合うようにぴったり合う

しるし」、「割り符」を意味する「卩」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
【漢字の謎 解明講座】の資料も合わせてもらってみて下さい。

ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。

また、古代中国の歴史がイメージできるアニメの絵も
あって
とてもわかりやすかったです。

講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「セツ」、「セチ

訓読み:「わりふ

画数

2画

部首

卩(ふしづくり(節旁)、わりふ、まげわりふ)

「卩」を含む漢字一覧

部首解説:
節(ふし)傍(つくり)になるので、「ふしづくり」と言う
「卩」をもとにして、ひざまずく事に関係する文字や「証(しるし)
の意味を含む漢字ができている。

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る