漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「処/處」という漢字
「処/處」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「処」は小学6年生で習います。「處」は常用漢字外です。)

成り立ち読み方画数・部首書き順(処)
意味

①「おる(居)」、「いる

 ア:「とまっている」、「落ち着く

 イ:「役所などの公的な機関に勤めないで家にいる」(処士)

 ウ:「嫁に行かないで家にいる」(例:処女)

②「おく(置)」、「すえる

③「を段取りをつけて終わらせる」(例:処置、処理)

④「適切に決める」(例:善処)

⑤「ところ」、「場所」(例:随処)

⑥「つね(常)」、「一定不変

日本のみで用いられる意味

⑦「ところ(~したところ)」(接続の言葉)

成り立ち

会意文字です(几+夂)。「きの」の象形と「」の象形から、

台をおりる」、「腰掛ける」、「居る」を意味する「処」という漢字が

成り立ちました。(旧字の虎の頭の象形(虍)は、「居(コ)」に通じ

(同じ読み持つ「居」と同じ意味を持つようになって)、「居る」の

意味である。)

※「処」は「處」の略字です。

※「處」は「処」の旧字(以前に使われていた)です。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】の無料資料
申し込みはこちら




読み

音読み:「ショ

常用漢字表外:「

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「お(く)」、「お(る)」、「ところ

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
おき」、「おる」、「さだむ」、「すみ」、「ふさ」、「やす

画数

5画」(処)

11画」(處)

部首

「處」の部首
虍(とらがしら(虎頭)、とらかんむり(虎冠))

「虍」を含む漢字一覧

「処」の部首
几(つくえ、きにょう(几繞)、つくえきにょう)

「几」を含む漢字一覧

書き順・書き方(処)
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る