漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「況」という漢字
「況」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「況」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「いわんや(まして~はなおさらだ)

②「例え」、「比べ合わせる」(例:比況)

③「ありさま」、「様子」(例:状況)

④「たまたま」、「偶然

⑤「ます(増える)」、「ますます

⑥「まして

 ア:「前の場合でさえそうなのだから、この場合は
    もちろんそうだという気持ちを表す


 イ:「いっそう」、「さらに」、「もっと

⑦「ここに

⑧「たまう(お与えになる、下さる)」、「たまもの(お与え
  なった、下さった)
」(同意語:貺)

成り立ち

形声文字です(氵()+)。「流れる」の象形と「口の象形と人の象形

(弟・妹の世話をやく人、「あに」の意味)だが、ここでは、「様」に通じ(

「様」と同じ意味を持つようになって)、「ありさま」の意味)から、

きんきょう」を意味する「況」という漢字が成り立ちました。

借りて(同じ読みの部分に当て字として使って)、「まして」、「ここに」等

の意味も表すようになりました。


漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「キョウ

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「ありさま」、「いわ(んや)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

画数

8画

部首

氵(さんずい(三水))

「氵」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る