漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「儀」という漢字
「儀」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「儀」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「立派な様子」、「立派なふるまい」(例:威儀)

②「のり(法律、規範(手本)、おきて、決まり、法則、制度)」、「標準


 ア:「作法(行う方法)」、「人間関係や社会生活の秩序を
    維持するために人が守るべき行動形式(スタイル)
」、
   「敬意を表す作法」(例:礼儀、礼式)

 イ:「立ち振る舞い(体の動かし方)

③「のっとる(手本として従う)」、「手本とする

④「その土地や国に伝わる生活や行事などのならわし(習慣)

⑤「よい」、「正しい

⑥「同じ種類のもの」、「同類」、「仲間

⑦「夫婦」、「夫婦になる

⑧「来る」(例:来儀)

⑨「贈り物

⑩「うつわ(器)」、「機械」、「器具」(例:地球儀)

日本のみで用いられる意味

⑪「

 ア:「こと(事)」(例:私儀)

 イ:「行事」、「結婚式、お葬式などの一定の作法・形式で行われる
    行事
」(例:儀式)

成り立ち

会意兼形声文字です(+)。「から」の象形と「羊の首の象形

とぎざぎざの刃のあるノコギリの象形
」(羊をいけにえとして刃物で殺す

から、「厳粛な(礼儀正しく、心が引き締まる)作法・ふるまい」の意味)から、

ふるまい」、「作法」、「礼儀」を意味する「儀」という漢字が成り立ちました。

(「」が抽象的な意味を表すのに対し、「儀」は具体的な礼法の意味を

表します。)


漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】の無料資料
申し込みはこちら




読み

音読み:「」、「

訓読み:常用漢字表内はなし。

常用漢字表外:「の(り)」、「よ(い)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
きたる」、「ただ」、「ただし」、「のり」、「よし」

画数

15画

部首

亻(にんべん(人偏))

「亻」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る