漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「騒/騷」という漢字
「騒/騷」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「騒」は中学生で習います。「騷」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「さわぐ

 ア:「やかましい音をたてる

 イ:「ざわざわと音をたてる

 ウ:「多くが一緒になって反対したり、要求・不平を訴えて
    叫んだりする
」(例:審判の判定に観衆が騒ぐ)

 エ:「飲み会などでにぎやかに遊ぶ

 オ:「落ち着きを失って冷静さに欠けた言動をみせる」、「あわてる」、
   「うろたえる」(例:今さら騒いでも遅い)

 カ:「不安や驚きなどのため気持ちが高ぶったり乱れたりする
   (例:血が騒ぐ)

 キ:「多くが話題にする」(例:マスコミが騒ぐ)

 ク:「忙しく立ち働く

②「さわがしい

 ア:「盛んに声や物音がしてうるさい」、「やかましい」(例:騒音)

 イ:「事件などが起こって落ち着かない」(例:物騒)

 ウ:「事が多くて忙しい

 エ:「ごたごたしている」、「乱れている

③「さわがす(さわがしい状態にする)

④「かく(指先やつめ、またはそれに似たもので物の
  表面を強くこする)
」(同意語:掻)

⑤「うれえる

 ア:「よくないことになるのではないかと心配する

 イ:「ひどく悲しむ」(例:離騒)

⑥「うれえ(うれえる)

⑦「あしなえ(片方の足が悪くて正しく歩けない人)

⑧「なまぐさい(生の魚や肉のにおいがする、気持ちの悪いにおいがする)

⑨「中国の韻文の一体。中国戦国時代の楚の詩人:屈原(くつげん)の
  「離騒」に始まる悲しみと怒りに満ちた韻文


⑩「韻文・詩を作る」(例:騒人)

⑪「はらう(取り除く)」(同意語:掃)

日本のみで用いられる意味

⑫「ぞめく(浮かれさわぐ)

成り立ち

会意兼形声文字です(+蚤)。「」の象形と「上からおおう手、または爪の

象形と頭が大きくグロテスクなまむしの象形(「虫」の意味)
」(飛び跳ねる虫を

上から押さえ爪でつぶすさまから、「のみ」の意味を表すが、ここでは、

飛び跳ねる」の意味)から、飛び跳ねる馬を意味し、そこから、「さわぐ」、

さわがしい」を意味する「騒」という漢字が成り立ちました。また、「愁」に通じ

(「愁」と同じ意味を持つようになって)、うれえる(嘆き悲しんで訴え出る)

意味も表します。

※「騒」は「騷」の略字です。

※「騷」は「騒」の旧字(以前に使われていた)です。


読み

音読み:「ソウ

常用漢字表外:「サウ」(騷のみ)

訓読み:「さわ(ぐ)

常用漢字表外:「うれ(い)」、「ざわ(つく)」、「ぞめ(く)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

画数

18画」(騒)

20画」(騷)

部首

馬(うま、うまへん(馬偏))

「馬」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る