漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「乾」という漢字
「乾」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「乾」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「」、「」(例:乾元)

②「強い」、「身体・心が丈夫で元気なさま」(例:乾剛)

③「いぬい(北西)

④「かわく

 ア:「物に含まれている湿気・水分がなくなる」(例:乾燥)

 イ:「いきいきとした感じがない」、「元気がない

⑤「かわかす(日光・火・風などにあてて、ぬれたものや湿ったもの
  の水分を取り去る)


⑥「うわべだけ」、「名義上だけの(実体とは異なるが、名前だけ与え
   られている)
」(例:乾笑)

⑦「易の八卦の1つ。上にあって、強い・治める・始めるなどの
  かたちを表す漢字


⑧「易の六十四卦の1つ。心・身体が強く進んでやまないかたちを表す漢字

成り立ち

会意兼形声文字です(倝+)。「長い旗ざお」の象形と「ジグザクな物」の

象形から、「上に出る」、「空(天)」を意味する「乾」という漢字が成り立ち

ました。また、「暵(カン)」に通じ(同じ読み持つ「暵」と同じ意味を持つ

ようになって)、「かわく」の意味も表すようになりました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
漢字の面白さが無限に広がる、もらって大満足の資料となって
おります。ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「カン

常用漢字表外:「ケン

訓読み:「かわ(かす)」、「かわ(く)

常用漢字表外:「いぬい」、「ほ(す)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
きみ」、「すすむ」、「たけし」、「つとむ」、「

画数

11画

部首

①「乙(おつ、おつにょう(乙繞))」、「乚(おつ、おつにょう(乙繞)、つりばり)

「乙(乚)」を含む漢字一覧


②「十(じゅう)

「十」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る