漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「豪」という漢字
「豪」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「豪」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「やまあらし(豚に似て、背に荒い毛がある)」(例:豪猪)

②「(他よりも)優れている。また、その」(例:豪傑、文豪)

③「強い。また、強い人。

④「恐れず危険や困難に積極的に向かっていく。また、その

⑤「率いる(従えて行く)。また、その

⑥「おさ(代表者、リーダー)

⑦「男気がある(弱い者が苦しんでいるのを見のがせない
  性格の)
」(例:豪侠)

⑧「金持ち」(例:富豪)

⑨「ぜいたく(必要以上にお金や物などを使う)」(例:豪奢)

⑩「盛ん(勢いがいいさま)」、「非常に」(例:豪飲)

⑪「細い」(同意語:毫)

⑫「少し」、「わずか」(例:豪末)

⑬「しいて(むりやりに)」(例:豪奪)

日本のみで用いられる意味

⑭「濠太剌利(オーストラリア)の略」(もと濠の字を用いた)

成り立ち

形声文字です(+豕)。「高大な門の上の高い建物」の象形(「高い」の

意味だが、ここでは、「稾(コウ)」に通じ(同じ読み持つ「稾」と

同じ意味を持つようになって)、「かたいわら」の意味)と「口のつき出て

いるいのしし
」の象形から、「わらのように固い毛のある:やまあらし

を意味する「豪」という漢字が成り立ちました。


読み

音読み:「ゴウ

常用漢字表外:「コウ

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「えら(い)」、「つよ(い)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
かた」、「かつ」、「ごう」、「たけ」、「たけし」、
つよ」、「つよし」、「とし」、「ひで

画数

14画

部首

①「亠(なべぶた(鍋蓋)、けいさんかんむり(卦算冠))

「亠」を含む漢字一覧

②「豕(ぶた、いのこ、いのこへん(豕偏))

「豕」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る