漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「痴/癡」という漢字
「痴/癡」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「痴」は中学生で習います。「癡」は常用漢字外です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「おろか(愚)

 ア:「頭の働きがにぶいさま」、「考えが足りないさま

 イ:「ばかげているさま

 ウ:「未熟なさま

②「くるう(狂)

 ア:「精神状態が普通でなく異常な状態になる」、「普通では考えられない
    行動をするようになる


 イ:「に夢中になって、善悪などの判別がつかなくなる

③「三毒の1つ。」(仏教語)

※三毒とは、さとり(迷いを取り除いて永遠に変わるのない正しい道筋を
  理解して自分のものにする)をさまたげるものの言う。三毒には、
  貪(むさぼり)、瞋(いかり)、痴(まよい)がある。

成り立ち

会意兼形声文字です(疒+())。「人が病気で寝台にもたれかかる」象形

(「病気」の意味)と「人が頭をあげ思いこらしてじっと立つ象形と十字路の

左半分・角のある牛・立ち止まるの象形
」(人が分かれ道にたちどまって

のろま牛のようになる、すなわち、「じっと立ち止まってためらう」の意味)

から、「物事にうまく対応できない病気」、「愚か」、「狂う(正常でなくなる)

を意味する「痴」という漢字が成り立ちました。

※「痴」は「癡」の略字です。

※「癡」は「痴」の旧字(以前に使われていた)です。


読み

音読み:「

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「おろ(か)」、「し(れる)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

画数

13画」(痴)

19画」(癡)

部首

疒(やまいだれ(病垂))

「疒」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る