漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「粗」という漢字
「粗」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「粗」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「あらい

 ア:「すきまが大き」、「細かくない」(反意語:)

 イ:「手触りがなめらかでない」、「すべすべしていない

 ウ:「おおまか」、「おおざっぱ」、「詳しくない」、「念入りでない」、
   「雑である」(例:粗末)(反意語:)

②「あらあらしい」、「勢いが強く激しい」、「非常に乱暴だ」(例:粗暴)

③「良くない」(例:粗衣)

④「ほぼ(全部もしくは完全ではないが、それに近い状態であるさま、
  だいたい、おおよそ)


日本のみで用いられる意味

⑤「人に贈るの頭につけて自分を控え目にする言い回し」(例:粗品、粗茶)


[粗・荒の使い分け](あらい)

」・・・「大まか」、「大ざっぱ」(例:粗い縫い目)(「」の反意語)

」・・・「勢いが激しい」(例:金使いが荒い)(「穏やか」の反意語)

成り立ち

形声文字です(+)。「稲の実の象形と稲の穂の象形」(「」の意味)と

台上に神へのいけにえを載せ積み重ね」象形(「まないた」の意味だが、

ここでは、「疎(ソ)」に通じ(同じ読み持つ「疎」と同じ意味を持つように

なって)、「はなれる」の意味)から、ねばりけのない米を意味し、

そこから、「あらい」を意味する「粗」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】の無料資料
申し込みはこちら




読み

音読み:「

訓読み:「あら(い)

常用漢字表外:「ほぼ

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

画数

11画

部首

米(こめ、こめへん(米偏)、よねへん(米偏))

「米」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る