漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「催」という漢字
「催」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「催」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「もよおす

 ア:「人を集めて行事などを行う」(例:開催)

 イ:「そういう気持ちにさせる」、「かきたてる」(例:眠気を催す)

 ウ:「うながす(早くするようにせきたてる、ある行為をする
    ように仕向ける)
」(例:催促)

 エ:「人を呼び集める

 オ:「準備する

②「せまる(迫)

③「もよおし

 ア:「人を集めて行事などを行う

 イ:「そういう気持ちにさせるもの

 ウ:「うながす事(早くするようにせきたてる、ある行為をする
    ように仕向ける)


④「もよい(今にもそうなりそうなこと)(接尾語である)」(例:雨催い)

※接尾語とは、単独では用いられず、 常に他の語の下について、
  その語とともに一語を形成する語の

成り立ち

形声文字です(+崔)。「から」の象形(「」の意味)と「山の象形

と尾の短いずんぐりした小鳥の象形
」(「高大な山」の意味だが、ここでは、

「推(すい)」に通じ(同じ読み持つ「推」と同じ意味を持つように

なって)、「おしすすめる」の意味)から、「人を次の事態へとおしすすめる

を意味する「催」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
【漢字の謎 解明講座】の資料も合わせてもらってみて下さい。

ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。

また、古代中国の歴史がイメージできるアニメの絵も
あって
とてもわかりやすかったです。

講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「サイ

訓読み:「もよお(す)

常用漢字表外:「うなが(す)」、「もよ(い)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「とき

画数

13画

部首

亻(にんべん(人偏))

「亻」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る