漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「顕/顯」という漢字
「顕/顯」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「顕」は中学生で習います。「顯」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「きらびやかな(輝いて美しい)頭の飾り

②「あきらか(明)

 ア:「色や形がはっきりとしていて、美しいさま

 イ:「立つ」、「はっきりとわかる」、「明白である」(例:顕著)

③「あらわれる」(反意語:)

 ア:「立つ(目立つ)

 イ:「栄える(勢いが盛んになる)」(例:顕達)

④「あらわす

⑤「明らかに

 ア:「公に」、「表向きに

 イ:「はっきりと

⑥「そと」、「おもて

⑦「見る」、「気を付けて見る

⑧「身分・地位が高いもの・神などの神聖なものにそえる接頭語
  (例:顕職)

成り立ち

会意兼形声文字です。「太陽の象形とよりの象形」(「太陽と糸」の意味)と

大きな目の」の象形(「みる」の意味)から、日中、糸を見る事を

意味し、そこから、「はっきりしている」を意味する「顕」という漢字が

成り立ちました。(「(大きな目のの象形)」はのちに「頁(人の頭部

を強調した象形)」に変形しました。)

※「顕」は「顯」の略字です。

※「顯」は「顕」の旧字(以前に使われていた)です。


読み

音読み:「ケン

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「あき(らか)」、「あらわ(れる)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「あきら」、「たか」、「てる

画数

18画」(顕)

23画」(顯)

部首

頁(おおがい(大貝)、いちのかい(一ノ貝))

「頁」を含む漢字一覧

合わせてチェックしてみよう
」、「

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る