漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「楚」という漢字
「楚」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「楚」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「いばら(バラ・カラタチなど、とげのある低木の総称。また、そのとげ。)
  (同意語:)

②「そだ(切り取った木の枝)

③「雑木(いろいろな種類の木。また、良い木材にならない木)

④「にんじんぼく(クマツヅラ科の落葉低木。昔、刑罰の策(ムチ)に用いた。)
  (同意語:)

⑤「むち(罪人や動物をたたくのに用いるいばらや竹の棒)

⑥「うつ()」、「むちでうつ」、「たたく

⑦「いたむ()」、「悲しむ」、「苦しむ」(例:痛楚)

⑧「連なるさま

⑨「茂るさま

⑩「すっきりとしたさま」(例:清楚)

⑪「国名

 ア:「春秋戦国時代の国。戦国七雄の一つ。揚子江中流域を領有し、
    都は郢 (えい) 。春秋中期には陳・鄭・宋などを圧迫し、晋と対立。
    荘王は黄河中流域の平原地帯を支配したが、前223年、秦に
    滅ぼされた。


 イ:「隋(ずい)の大業十二年(616年)、林子弘が江南に建てた国。
    七年で滅んだ


 ウ:「五代十国の1つ。許州の馬殷 (ばいん) が後梁から任命されて、
    907年に建国。951年に南唐に併合されて滅亡した。


 エ:「北宋滅亡後の1127年、金が宋の旧領に建国。1か月余りで滅亡。

⑫「長江下流の左右一帯の地域の名前。湖南・湖北二省の別の呼び名

日本のみで用いられる意味

⑬「すわえ

 ア:「木の枝や幹からまっすぐ伸び出た、若く細い小枝

 イ:「刑罰に用いるむち

成り立ち

形声文字です(+)。「木が並び立つ」象形(「」の意味)と「人の

胴体の象形と立ち止まるの象形
」(「あし(人や動物のあし)」の意味)

だが、ここでは「酢(ソ)」に通じ(同じ読み持つ」と同じ意味を持つ

ようになって)、「刺激が強い」の意味)から、「群がって生えた刺激が

強い、ばら
」を意味する「楚」という漢字が成り立ちました。


読み

音読み:「」、「ショ

訓読み:「いばら」、「しもと」、「すわえ

名前(音読み・訓読み以外の読み):「うばら」、「たか」、「つえ」、「つら

画数

13画

部首

①「木(き、きへん(木偏))

「木」を含む漢字一覧

②「疋(ひき)

「疋・𤴔」を含む漢字一覧

合わせてチェックしてみよう
」、「」、「

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る