漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「槙/槇」という漢字
「槙/槇」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「槙/槇」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「こずえ(木の幹や枝の先。木の先端)」(同意語:)

日本のみで用いられる意味

②「まき

 ア:「暖地に自生するイチイ科の常緑高木。葉は平たい針状、
    五月に小花を開き、夏、葉の間に実を結ぶ


 イ:「ひのき・ひ(ヒノキ科の常緑(常に緑葉を保っている)高木。木材は
  黄白色で、きめが細かく光沢があり、上質の建築用の木材となる。
  木材の中で最も用途が広い。山地に自生するが、多くは植林で
  ある。高さ30~40メートル。)
」(同意語:檜/桧)

 ウ:「真木(良材となる木。ひのきなど)

成り立ち

形声文字です(+真(眞))。 「大地を覆う」の象形と「さじの象形

と鼎(かなえ)-中国の土器の象形
」(鼎に物を詰め、その中身が一杯

になって「ほんもの・まこと」の意味だが、ここでは、「顚(テン)」に

通じ(「顚」と同じ意味を持つようになって)、「いただき、先端」の意味)

から「木の先端、こずえ」を意味する「槇」という漢字が成り立ちました。

※「槙」は「槇」の略字です。

※「槇」は「槙」の旧字(以前に使われていた)です。


読み

音読み:「シン」、「テン

訓読み:「まき

名前(音読み・訓読み以外の読み):「こずえ

画数

14画」(槇・槙)

部首

木(き、きへん(木偏))

「木」を含む漢字一覧

合わせてチェックしてみよう
慎/愼」、「」、「

美しい漢字の書き方
美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶん ペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツが細かく記載されている
ので、スゲー美しい漢字が書けるようになりました(^^♪

他人からも《キレイな字だね》って褒められて、
めっちゃ気持ちイイ
っす(*^▽^*)

講座の受講は有料ですが、資料は無料
もらえるので、今すぐ、資料請求してみて下さい。

≪スゲー美しい漢字≫が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る