漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「徒」という漢字
「徒」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「徒」は小学4年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「かち(歩き、徒歩)

②「むなしい(内容がない、無駄である)」、「からっぽ

③「何も持たない(徒手(からて))

④「裸足(はだし)

⑤「いたずらに(無駄に)」、「むなしく」(例:徒食、徒然)

⑥「ただ(唯)、ただに(ただ~だけ、わずかに)

⑦「馬に乗らない身分の低い兵士

⑧「力仕事に従事する労働者

⑨「囚人(刑務所に収容されている)

⑩「しもべ」、「召使い」、「従者

⑪「門人」、「弟子」(例:門徒)

⑫「仲間(ともがら)

⑬「人々」、「衆人(大勢の)

⑭「刑罰の1つ。徒刑(受刑者を一定期間獄に拘禁して、
  強制的に労役に服させる刑)


日本のみで用いられる意味

⑮「いたずら

 ア:「悪いたわむれ(遊び)」、「悪戯(悪ふざけ)」、「悪さ

 イ:「みだらなこと(男女の関係が性的に乱れている)

⑯「ただ(普通の)」(例:ただの友達)

⑰「あだ(何の役にも立たない、無駄)

成り立ち

会意兼形声文字です(彳++)。「十字路の左半分」の象形

(「道を行く」の意味)と「土地の祭る固め」の象形

(「」の意味)と「立ち止まる」の象形(「」の意味から、道を行く

に乗物に乗らず、土を踏んで「あるく」を意味する「徒」という漢字が

成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】の無料資料
申し込みはこちら




読み

音読み:「

常用漢字表外:「

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:
あだ」、「いたずら(に)」、「かち」、「ただ」、「ともがら」、「むだ

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「とも

画数

10画

部首

彳(ぎょうにんべん(行人偏))

「彳」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る