漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「覚/覺」という漢字
「覚/覺」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「覚」は小学4年生で習います。「覺」は常用漢字外です。)

成り立ち読み方画数・部首書き順(覚)
意味

①「おぼえる

 ア:「知る」(例:味覚)

 イ:「気づく」、「感づく
   (例:発覚、自覚)

②「さとる(理解する)」、「道理(正しい道筋)を知る」、
  「迷いがとける

③「道理」、「さとり

④「さとりを開いた」(心の迷いがとけて、いつどんなときにも変わる
  ことのない、正しいの筋道を自分のものにする)

⑤「さとす(諭)(納得できるように教え導く)」、「さとらせる

⑥「あらわす」、「明らかにする

⑦「あらわれる

⑧「さめる」、「さます」、「目がさめる」、「目をさます
  (例:才能を目覚めさせる)

⑨「うつつ(現実)

日本のみで用いられる意味

⑩「おぼえる(記憶する)

⑪「おぼえ

 ア:「記憶

 イ:「信任(信頼・信用してを任せること)」(例:信任投票)

成り立ち

会意兼形声文字です(の省略形+)。「両手と建物の象形と

屋根のむねの千木(ちぎ)のように物をわせた象形(「交わる」

の意味)
」(教える者が学ぶ者を向上させる場、すなわち「学ぶ」の

意味)と「大きな目と人」の象形から、学んではっきり見える

おぼえる・さとる」を意味する「覚」という漢字が成り立ちました。

※「覚」は「覺」の略字です。

※「覺」は「覚」の旧字(以前に使われていた)です。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「カク

訓読み:「おぼ(える)」、「さ(ます)」、「さ(める)

常用漢字表外:「さと(り)」、「さと(る)」

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
あき」、「あきら」、「さだ」、「さとし」、
さとる」、「ただ」、「ただし」、「よし

画数

12画」(覚)

20画」(覺)

部首

「覚」の部首
①「⺍(つ、つかんむり)

「⺍」を含む漢字一覧

②「見(みる)

「見」を含む漢字一覧

「覺」の部首
見(みる)

「見」を含む漢字一覧

書き順・書き方(覚)
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る