漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「必」という漢字
「必」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「必」は小学4年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「かならず」、「きっと」、「間違いなく」(例:必然、必死)

②「きっと行う」、「絶対やり遂げる」(例:必読)

③「ヒっす(期待する、あてにする)

④「かならずしも(~とは限らない)

成り立ち

会意文字です(+弋)。「飾りの垂れひも」の象形と「枝のある木に支柱を

添えた
」象形(「くい」の意味)から、飾りの垂れひもで武器にしめつけた

柄を意味(「柲」の原字)し、借りて(同じ読みの部分に当て字として使って)、

かならず」を意味する「必」という漢字が成り立ちました。

原字とは、漢字「A」に複数の意味がある場合、その意味を明らか
 するに、漢字「A」にある文字を加え漢字「B」がられたの、
 漢字「A」のいます。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載されて
いて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージできる
アニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。漢字の面白さ
が無限に広がる、もらって大満足
の資料となっております。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって感動・大満足!!!
【漢字の謎 解明講座】の
無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「ヒツ

訓読み:「かなら(ず)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「さだ

画数

5画

部首

心(こころ)

「心」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る