漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「効/效」という漢字
「効/效」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「効」は小学5年生で習います。「效」は常用漢字外です。)

成り立ち読み方画数・部首書き順(効)
意味

①「ならう(手本としてまねをする)

②「のっとる(規範(手本)として従う)

③「学ぶ

④「いたす

 ア:「尽くす」、「努める

 イ:「あらわす

 ウ:「授ける

 エ:「たてまつる(差し上げる)

 オ:「届ける

⑤「いさお(手柄、功績)

⑥「きく(良い結果が得られる)

⑦「ききめ(良い結果)」(例:特効薬)

[効・利の使い分け](きく)

」・・・「良い結果が出る」(例:宣伝が効く)

」・・・「役に立つ。機能」(例:気が利く、口を利く)

成り立ち

形声文字です(+攵(攴))。「人がすねを組む象形」(「まじわる」の意味だが、

ここでは「學(コウ)」に通じ(同じ読み持つ」と同じ意味を持つように

なって)、「まなぶ」の意味)と「ボクッという音を表す擬声語と右手の象形

(「手でボクッとたたく」の意味)から、ムチを打ってなわわせる

(手本としてまねさせる)を意味する「効」という漢字が成り立ちました。

※「効」は「效」の略字です。

※「效」は「効」の旧字(以前に使われていた)です。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえますので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「コウ

常用漢字表外:「ギョウ」(「效」のみ)

訓読み:「き(く)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
いたる」、「かず」、「かた」、「すすむ」、「なり」、「のり

画数

8画」(効)

10画」(效)

部首

「効」の部首
力(ちから)

「力」を含む漢字一覧

「效」の部首
攵(のぶん(ノ文)、ぼくづくり(攵旁)、ぼくにょう(攵繞))

「攵」を含む漢字一覧

書き順・書き方(効)
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る