漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「鋭/銳」という漢字
「鋭/銳」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「鋭」は中学生で習います。「銳」は常用漢字外です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「するどい」(反意語:鈍)

 ア:「刃物などの切れ味が良い」(例:鋭利)

 イ:「先が細くとがっている

 ウ:「軍隊などが優れ強い」(例:精鋭)

 エ:「賢い」、「判断力が優れている」、「反応が速い」(例:鋭敏)

 オ:「物に向かっていく勢いが激しくて強い

 カ:「勢いが激しくて、人の心を突き刺すようである

 キ:「人の感覚を刺激する力が強い

②「矛先(刃物の先端)

③「先が細くとがり、切れ味の良い刃物・武器

④「強い軍隊」、「強い兵士

⑤「いらだつ(自分の思い通りにならない為、じっとして
  いられなくなる)
」、「落ち着きがない

成り立ち

会意兼形声文字です(+兌)。「金属の象形とすっぽり覆うさまを表した文字

と土地の祭る固めの象形
」(土中に含まれる「金属

の意味)と「分散するを意味する文字と口の象形と人の象形」(「いのる

事によってかかえていた悩みが分散する
」の意味)から、ものを分解する

金属を意味し、そこから、「すろどい」を意味する「鋭」という漢字が

成り立ちました。

※「銳」は「鋭」の旧字(以前に使われていた)です。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載されていて
感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージできるアニメの絵
もあって
とてもわかりやすかったです。講座の受講は有料ですが、
資料は無料でもらえるので、ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】の
無料資料申し込みはこちらです




読み

音読み:「エイ

訓読み:「するど(い)

常用漢字表外:「はや(い)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「さとき」、「とき」、「とし

画数

15画」(鋭・銳)

部首

金(かね、かねへん(金偏))

「金」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る