漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「翻」という漢字
「翻」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「翻」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「ひるがえる

 ア:「飛ぶ」、「らせて飛ぶ」(例:が翻る)

 イ:「(などが)上がって、ひらひらする。ほん(ぽん)
   (例:が翻る、翩翻(へんぽん))

 ウ:「ひっくり返る。裏返しになる。反対になる。ほん。
   (例:が翻る、翻覆)

 エ:「決まり・態度変わる。ほん。」(例:判決が翻る、翻然)

②「ひるがえす

 ア:「ひっくりかえす。裏返しにする。反対にする。
   (例:手のひらを翻す)

 イ:「(など)を上げて、ひらひらさせる」(例:を翻す)

 ウ:「らせる」(例:を翻す)

 エ:「態度・約束変える。ほん。」(例:決まりを翻す、翻意)

③「替える」(例:翻訳)

④「あるの言葉をの言葉に直す」(例:翻訳)

⑤「を思い通りに動かす」(例:翻弄)

⑥「対応するものと入れ換える」(翻刻)

※「」は同字(字体は異なるが、同じ意味で、の規則(決まり)では
  認められている)です。

成り立ち

会意兼形声文字です(+())。「種を散りまく」象形と「区画された

耕地
」の象形(「田畑に種をまく」の意味)と「鳥の両翼」の象形から、

鳥が羽根をのびやかに広げ「ひるがえる(体をおどらせて飛ぶ)」を

意味する「翻」という漢字が成り立ちました。


漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「ホン

常用漢字表外:「ハン

訓読み:「ひるがえ(る)」、「ひるがえ(す)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

画数

18画

部首

羽・羽(はね、はねへん(羽偏))

「羽・羽」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る