漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「倹/儉」という漢字
「倹/儉」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「倹」は中学生で習います。「儉」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「つつましやか」、「つつましい

 ア:「物を無駄遣いしないこと」、「節約する」、「ぜいたくしない事」(例:倹約)

 イ:「外見を飾らない事」、「質素な事」(例:倹素)

 ウ:「控え目に行う

②「とぼしい

 ア:「十分でない」、「足りない

 イ:「経済的に貧しい(財産や金銭が十分でなく、生活が苦しい)

③「凶作(農作物の出来が非常に悪いこと)

成り立ち

形声文字です(+僉)。「から」の象形(「」の意味)と「ふたの

象形と口の象形とからの象形
」(「多くが口をそろえて言う

の意味だが、ここでは、「検」に通じ(「検」と同じ意味を持つようになって)、

手かせで締めあげる」の意味)から、人を手かせで締め上げるを意味し、

そこから、「つつましい」を意味する「倹」という漢字が成り立ちました。

※「倹」は「儉」の略字です。

※「儉」は「倹」の旧字(以前に使われていた)です。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
【漢字の謎 解明講座】の資料も合わせてもらってみて下さい。

ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。

また、古代中国の歴史がイメージできるアニメの絵も
あって
とてもわかりやすかったです。

講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「ケン

常用漢字表外:「ゲン」(「儉」のみ)

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「つづま(やか)」、「つま(しい)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「よし

画数

10画」(倹)

15画」(儉)

部首

亻(にんべん(人偏))

「亻」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る