漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「掛」という漢字
「掛」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「掛」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「かける」、「かかる」(同意語:挂)

 ア:「手で物をひっかける」、「つりさげる

 イ:「心に留める」、「気にかける

日本のみで用いられる意味

②「かける

 ア:「かぶせる

 イ:「掛け算をする

③「かかる(着手する、始める)

④「かかり

 ア:「関係

 イ:「受け持ち」、「担当

 ウ:「費用

⑤「かけ

 ア:「かけ値(物を売る時に実際より値段を高くつける
    を大げさに言う事)


 イ:「かけ売り(一定期間後に代金を受け取る約束で品物を売ること)

 ウ:「かけそばの略


[架・懸・掛の使い分け](かける)

」・・・「かけわたす(物をこちら側の高い所から向こう側の高い
      へ渡して固定する)
」(例:橋を架ける)

」・・・「離れないようにする」、「つなぐ」(例:思いを懸ける)

」・・・以外は、「掛」を用いるか、ひらがな書きとなる。(例:腰掛け)

成り立ち

形声文字です(扌()+)。「5本の指のある手」の象形と「縦横の線を

重ね幾何学的な製図の象形と占いのに亀の甲羅や牛の骨を焼いて

得られた割れ目の象形
」(「占いの時に現れる割れ目の」の意味だが、

ここでは、「系」に通じ(「」と同じ意味を持つようになって)、「かける

の意味)から、「手で物をひっかける」を意味する「掛」という漢字が

成り立ちました。



読み

音読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「カイ(クヮイ)」、「カ(クヮ)」、「

訓読み:「かかり」、「か(かる)」、「か(ける)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

画数

11画

部首

扌(てへん(手偏))

「扌」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る