漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「衡」という漢字
「衡」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「衡」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「はかり(物の長さ・重さ・量などをはかる。また、その道具。結果。
  (例:度量衡)

②「はかる(物の長さ・重さ・量などをはかる)

③「つり合いがとれている」(例:均衡)

④「」、「横の方向」(例:合従連衡)

⑤「よこぎ(横に渡した木の棒)

 ア:「くびき(牛や馬に人や物を運ばせる際、牛馬の首の後ろに
    かける横木)


 イ:「つのぎ(牛の角が人を傷つけないように角に結びつけた横木)

 ウ:「屋根の上の横木

 エ:「冠木門(かぶきもん)(左右の柱の上部を貫く横木を
    渡した屋根のない門)


 オ:「車の前の横木

⑥「手すり

⑦「渾天儀(中国で、前2世紀頃から天体の位置測定に用いられた
  器械)の心棒(回転するの中心となる棒)


⑧「こうがい(髪をかき上げる のに使った、箸(はし)に似た細長い道具)」、
  「冠を止めるもの

⑨「北斗七星の第五星

成り立ち

会意兼形声文字です(++)。「十字路」の象形と「」の象形と

牛の体」の象形から、「つのぎ(牛の角が人を傷つけないように結び

つけた横木)
」を意味する「衡」という漢字が成り立ちました。また、じて

(派生して・新しい意味がかれて)、「はかり」、「物の重さをはかる」、

つり合いが取れている」の意味も表すようになりました。



読み

音読み:「コウ

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「くびき」、「はかり」、「はか(る)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
ちか」、「ひで」、「ひとし」、「ひら」、「ひろ」、「まもる

画数

16画

部首

①「彳(ぎょうにんべん(行人偏))

「彳」を含む漢字一覧

②「行(ぎょう、ぎょうがまえ(行構)、ゆきがまえ(行構))

「行」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る