漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「鏡」という漢字
「鏡」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「鏡」は小学4年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「かがみ

 ア:「反射を利用して顔や姿をうつすもの。昔は、金属で作り、
    後世は玉石を使い、現在では、一般にガラスを使っている


 イ:「手本」、「模範

 ウ:「みち」、「道徳

 エ:「月・池の例え

 オ:「明らかなたとえ」、「静かに澄んでいるたとえ

②「鑑みる(先例や規範に照らし合わせる)

③「手本とする

④「照る」、「照らす

⑤「めがね」、「レンズ」(例:眼鏡)

成り立ち

形声文字です(+竟)。「金属の象形とすっぽり覆うさまを表した文字

と土地の祭る固めの象形
」(土中に含まれる「金属

の意味)と「取っ手のある刃物の象形と口の象形(「言う」の意味)の口の

部分に1点加えた(「音」の意味)と人の象形
」(人が音楽をし終わるの意味

だが、ここでは、「景(ケイ)」に通じ(同じ読み持つ「景」と同じ意味を持つ

ようになって)、「」の意味)から、姿を映し出す「かがみ」を意味する

「鏡」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載されて
いて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージできる
アニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。漢字の面白さ
が無限に広がる、もらって大満足
の資料となっております。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】の
無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「キョウ

訓読み:「かがみ

名前(音読み・訓読み以外の読み):
あき」、「あきら」、「かね」、「けい」、「とし」、「

画数

19画

部首

金(かね、かねへん(金偏))

「金」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る