漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「標」という漢字
「標」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「標」は小学4年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「しるし」、「めじるし」(例:標識)

②「

③「まと」、「目当て」(例:目標)

④「木の幹や枝の先端

⑤「高い

⑥「物の最も上の部分

⑦「すえ(末)」、「はし(端)

⑧「はしら(柱)

⑨「手本」、「見本」(例:標本)

⑩「品格(そのやそのに感じられる気高さや上品さ)

⑪「器量(あるをするのにふさわしい能力や心の広さ)

⑫「記す」、「書き表す

⑬「目につくようにする」(例:標榜)

日本のみで用いられる意味

⑭「しめ(木を立て、縄を張ったりなどして場所を限るしるし)
  (例:標縄(しめなわ))

成り立ち

会意兼形声文字です(+)。「大地を覆う」の象形と「人の死体の

頭を両手でかかげる象形と燃え立つの象形
」(「火が高く飛ぶ」の意味)

から「木の幹や枝の先端」を意味する「標」という漢字が成り立ちました。

(じて(派生して・新しい意味がかれて)、高くて目につく「しるし」・

めじるし」の意味も表すようになりました。)(「標」は略字です。)

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「ヒョウ

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外
しるべ」、「しるし」、「しべ」、「しめ

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
あき」、「えだ」、「かた」、「こずえ」、「しな」、
すえ」、「しめき」、「たか」、「ひで

画数

15画

部首

木(き、きへん(木偏))

「木」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る