漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「準」という漢字
「準」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「準」は小学5年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「平ら」、「水平」、「水面が平らな事

②「みずもり(一定の体の地面に対する角度や傾斜を確認する器具)

③「のり(法律、規範(手本)、おきて、決まり、法則、制度)」、「目安
  (例:基準、標準)

④「なぞらえる(ある事を類似のものと比較して、仮にそれとみなす、
  真似て作る)
」(例:準拠)

⑤「推しはかる(推測する)

⑥「正す」、「等しくする」、「平らにする

⑦「質(約束を守る保証として相手に預けておくもの)に入れる

⑧「許す」、「許可する

[準・准の使い分け](ジュン)

」・・・「やや不十分ではあるが同じように扱う場合」(例:準決勝、準会員)

」・・・「資格がその次に当たる事を示す場合」(例:准看護婦、准尉)

成り立ち

会意兼形声文字です(氵()+)。「流れる」の象形と「鳥の象形の下に

一(横線)を加え、人が腕にとまらせたか、狩りに使う
」を示す文字

(「はやぶさ」の意味)から、はやぶさのをした「水準器」、「たいら」を意味

する「準」という漢字が成り立ちました。(水準器とは、一定の物体の地面に

対する角度や傾斜を確認する器具のを言います。)


読み

音読み:「ジュン

常用漢字表外:「シュン」、「セツ」、「セチ

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「なぞら(える)」、「のり」、「ひと(しい)」、「みずもり

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
かね」、「とし」、「なろう」、「ひとし」、「ひら

画数

13画

部首

①「氵(さんずい(三水))

「氵」を含む漢字一覧

②「十(じゅう)

「十」を含む漢字一覧

合わせてチェックしてみよう
」、「」、「」、「」、「」、「

書き順・書き方
美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶん ペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツが細かく記載されている
ので、とても美しい漢字が書けるようになりました。

他人からも《キレイな字だね》って褒められて、
すごく嬉しかった
です。

日本ペン習字研究会 会長:田中鳴舟先生が、

◇左右対称になる美しい漢字の書き方

◇バランスの良い漢字の書き方

◇美しい漢字を書く為の訓練法

非常に細かく解説してくれており、
それ(プロの教え)を実践したおかげだと強く感じました。

講座の受講は有料ですが、資料は無料
もらえるので、今すぐ、資料請求してみて下さい。

≪とても美しい漢字≫が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る