漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「比」という漢字
「比」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「比」は小学5年生で習います。「比」は部首です。)

成り立ち読み方画数・部首解説書き順・書き方
意味

①「くらべる

 ア:「並べて、善悪・優劣を考え」(例:比較)

 イ:「2つ以上のものを並べて、違いを調べる」(例:対比)

 ウ:「あるものを、他のものを借りて表現する」、「例え」(例:比喩)

 エ:「争う」、「競う

②「手本としてまねをする

③「慣れる

④「なれなれしくする

⑤「備える

⑥「整え

⑦「同じ」、「等しい

⑧「しきりに(何度も)

⑨「仲間」、「同類」(例:比類)

⑩「規程(決まり)

⑪「先例

⑫「割合」(例:比率)

⑬「「詩経」の六義の1つ。類似のものを取り出し、
   それに例え述べる詩体


⑭「親しむ(仲良くする)

⑮「近づく

⑯「助ける

⑰「楽しむ

⑱「仲が良い

⑲「合う」、「合わせる

⑳「従う」、「善を選んで従う

21、「仲間に加わる」、「仲間を作る

22、「気に入られよう として、相手の機嫌を取る

23、「行うときの正しい順序をしっかりと決める

24、「並ぶ」、「並べる」(例:比翼)

25、「並びに(および、また)」(前後二つの柄をつなぐのに用いる語)

26、「みんな(みな、全部)

27、「及ぶ」、「至る

28、「頃(ころ)(あるきまった時期の前後を含めて大まかにさす語、
   ちょうどよい時)


29、「このごろ(最近)」(例:比来)

30、「」、「為に

 ア:「利益があること」、「役に立つ

 イ:「原因」、「理由」、「

 ウ:「目的や期待の向かう所

31、「すきぐし(髪をそろえる時に、ほこりなどを取り去るのに使う
   歯の目の細かい櫛(くし)


32、「五人組。周代の制度。五家を一組とした。

33、「易の六十四卦の1つ。世間のが天子を仰ぎ親しむかたち

日本のみで用いられる意味

34、「比律賓(フィリピン)の略

成り立ち

会意文字です。「人が二人並ぶ」象形から、、「ならぶ」を意味する

「比」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「

常用漢字表外:「

訓読み:「くら(べる)

常用漢字表外:「ころ」、「たぐい」、「なら(ぶ)」、「なら(べる)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
これ」、「たか」、「たすく」、「ちか」、
つね」、「とも」、「なみ」、「ひさ

画数

4画

部首

比(くらべる、ならびひ(並びヒ))

「比」を含む漢字一覧

部首解説:
部首としての「比」には一定の意味がない。漢字を分類するに、
部首に割り当てられている。

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る