漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「権/權」という漢字
「権/權」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「権」は小学6年生で習います。「權」は常用漢字外です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「はかる

 ア:「物の重さをはかる

 イ:「計画を立てる

 ウ:「人をだますような計画を立てる

②「はかりごと

 ア:「がうまくゆくように、前もって考えた計画

 イ:「人をだますような計画

③「かり

 ア:「目的・結果は正しいが、その手段が、一般的なやり方
    ではない事
」(例:権道)

 イ:「その時その場に応じた適切な処置」、「間に合わせ(仮の
    あててその場を対応する)


 ウ:「一時的な事

 エ:「一時的の他の官職を兼ねる」(例:権官)

④「おもり」、「はかりの分銅

⑤「はかり(物の重さをはかる器具)」(例:権度)

⑥「釣り合い」、「平均(大小・多少などの差が少なく、
  そろっていること)
」(例:権衡)

⑦「勢い」、「」、「勢力(他をおさえ、支配下におくいきおいと力)」、
  「を強制したり、処置する力」(例:権力、特権)

⑧「はじまり」、「起こり」(例:権輿)

⑨「ゴン

 ア:「定員外の仮に置いた職員」、「正に対する副」(例:権大納言)

 イ:「地位が正式の者と同様のものとする示す

成り立ち

形声文字です(+雚)。「大地を覆う」の象形(「」の意味)と「2つの

冠毛と両眼が強調された水鳥
」の象形(「こうのとり」の意味だが、ここでは

「援」に通じ(同じ読み持つ「援」と同じ意味を持つようになって)、

引く」の意味)から、はかろうとする同じ重力で引く「分銅(重り)

を意味する「権」という漢字が成り立ちました。

※「権」は「權」の略字です。

※「權」は「権」の旧字(以前に使われていた)です。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】の無料資料
申し込みはこちら




読み

音読み:「ゴン」、「ケン

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「いきお(い)」、「おもり」、「かり」、「はか(る)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「げん」、「のり」、「ひら」、「よし

画数

15画」(権)

21画」(權)

部首

木(き、きへん(木偏))

「木」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る