漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「徴/徵」という漢字
「徴/徵」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「徴」は中学生で習います。「徵」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「めす(人を呼び寄せる、招く、取り寄せる、呼び出して役目を
  与えるなどの尊敬語)
」(同意語:)(例:徴兵、徴用)

②「求める」、「取り立てる」(例:追徴)

③「しるし

 ア:「あかし(証拠、証明)」、「証明する

 イ:「めじるし」(例:特徴)

 ウ:「ききめ(効果)」(例:徴験)

 エ:「きざし(何かが起こることを予感させる現象)」、「きざす」(例:徴候)

④「あらわれる」、「あらわす」、「明らかにする

⑤「こらしめる(罰を与えて、二度としないようにさせる)」(同意語:懲)

⑥「五音(宮・商・角・徴・羽)の1つ

成り立ち

形声文字です。「十字路の左半分」の象形(「道を行く」の意味)と

植物が芽を出して発芽した」象形(「芽生え」の意味だが、ここでは、

「登」に通じ(「登」と同じ意味を持つようになって)、「登用する」の意味)

と「すねのまっすぐ伸びが地上にすくっと立つ」象形(「すぐれた

の意味)と「ボクッという音を表す擬声語と右手の象形」(「手でうつ」の

意味)から、「すぐれた人材を呼び出す」を意味する「徴」という漢字が

成り立ちました。また、「取り上げるに値する証拠」の意味も表すように

なりました。

※「徵」は「徴」の旧字(以前に使われていた)です。

※「徴」は「徵」の略字です。

※擬声語とは、動物の音声や物体のを象形文字でしたもの
  をいます。


読み

音読み:「チョウ

常用漢字表外:「

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「め(す)」、「しるし

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
あき」、「あきら」、「おと」、「きよ」、
きよし」、「すみ」、「みる」、「よし

画数

14画」(徴)

15画」(徵)

部首

彳(ぎょうにんべん(行人偏))

「彳」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る