漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「禅/禪」という漢字
「禅/禪」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「禅/禪」は中学生で習います。「禪」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「ゆずる

 ア:「天子(国を治める)が位(地位、王位)をゆずり与え」(例:禅譲)

 イ:「伝える」、「授ける

②「祭りの名前。昔、天子が地を払い清めて天の神や山川の神をまつった
  祭り
」(例:封禅)

③「禅那の略。煩悩(人間の心身の苦しみを生み出す精神(心)の働き。
  欲望・怒り・悲しみ等)をなくして正しいの道筋を自分のものにする
  (悟りを開く)
」(仏教語)

④「座禅の略。姿勢を正して座った状態で精神統一(煩悩をなくす)を行う
  (仏教語)

⑤「禅宗の略」(仏教語)

※禅宗とは、座禅を行う事で、悟りを開こうとする仏教の一派(一宗派)である。

成り立ち

形声文字です(ネ()+())。「神にいけにえを捧げる台」の象形と

先端が両またになっているはじき弓」の象形(「ひとつ」の意味だが、

ここでは、「壇(タン)」に通じ(同じ読み持つ「壇」と同じ意味を持つ

ようになって)、「土を盛り上げて築いた高い」の意味)から、

壇を設けて天に祭る」を意味する「禅」という漢字が成り立ちました。

※「禅」は「禪」の略字です。

※「禪」は「禅」の旧字(以前に使われていた)です。



読み

音読み:「ゼン

常用漢字表外:「セン

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「ゆず(る)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「さと」、「よし

画数

13画」(禅)

17画」(禪)

部首

(しめす、しめすへん(示偏))

「示・礻」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶん ペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツが細かく記載されており、
とても美しい漢字が簡単に書けるようになりますよ(^^♪

資料請求には、氏名郵便番号住所電話番号
記載が必要ですが、バランスの良い美しい字が書ける
ようになるので、今すぐ資料をもらっておきましょう。


≪とてもキレイな字≫が書け、
周りの評価も上がって嬉しい!
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る