漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「縮」という漢字
「縮」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「縮」は小学6年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「ちぢむ」、「ちぢまる

 ア:「短くなる」、「小さくなる」(例:縮小)

 イ:「ちぢれる(しわが寄って小さくなる、毛髪などが細かく波
    打ったり巻いたりした状態になる)


 ウ:「勢いや進んで何かをしようとする気持ちがなくなる」、
   「驚きや恐れ、極度の緊張などのに身体が動かなくなる、
    態度がかたくなる
」(例:恐縮、萎縮)

②「ちぢめる」、「ちぢらす

 ア:「短くする」、「小さくする

 イ:「しわをよせる」、「痛みや不快のに、まゆのあたりに
    しわを寄せる


 ウ:「進んで何かをしようとする気持ちをなくさせる

③「その場の状況に応じた判断をし手だてを講じて、
  をしっかりと終わらせる


④「直し

⑤「こす(かすや不純物を取り除く為に、布・網・紙などをくぐらせる」、
  「酒をこす

⑥「足りない」、「なくては困るもの、また必要とするものが
  備わっていない


日本のみで用いられる意味

ちぢみ(ちぢみ織りの略)

※ちぢみ織りとは、よりの強い横糸を用い、織り上げたのちに温湯で
  もんで縮ませ、布面全体に、よりの凹凸を表した織物のを言います。

成り立ち

形声文字です(+宿)。「より糸」の象形と「屋根・家屋の象形と寝具の

象形とからの象形
」(「宿」の意味だが、ここでは「粛(シュク)」

通じ(同じ読み持つ「粛」と同じ意味を持つようになって)、「おそれちぢむ

の意味)から、糸が「ちぢむ」を意味する「縮」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「シュク

訓読み:「ちぢ(まる)」、「ちぢ(む)」、「ちぢ(める)」、
     「ちぢ(らす)」、「ちぢ(れる)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「なお

画数

17画

部首

糸(いと、いとへん(糸偏))

「糸」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る