漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「簡」という漢字
「簡」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「簡」は小学6年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「ふだ」、「文字を書く竹のふだ」(例:竹簡)

②「ふみ

 ア:「手紙」(例:書簡)

 イ:「命令などの書き記し

③「省く」、「手軽にする」、「手軽」、「おおまか」(例:簡略、簡単)

④「つつましい(遠慮深い態度である、控え目である)

⑤「少ない」、「少なくする

⑥「おろそか(いいかげんにすませたり軽く扱ったりして、
  まじめに取り組まないさま)


⑦「おおまか(おおざっぱ、細かい点までは気にしないさま)」

⑧「おごる(地位・権力・財産・才能などを誇って、思い上がった
  振る舞いをする、いばる)


⑨「見下す、あなどる(相手を劣っていると判断しバカにする)

⑩「おこたる、なまける(すべき事をしないでおく)

⑪「比べる」、「比べて数える」、「調べる

⑫「えらぶ」(例:簡抜)

⑬「大き」、「こころざし(目標)が大き」(例:狂簡)

成り立ち

会意兼形声文字です(+)。「」の象形と「月と門の象形」(門が

閉じても月光がもれるさまから、「すきま」の意味)から、「竹を削り

編んで文字を書くふだ
」(ふだとふだの間にすき間がある)を意味

する「簡」という漢字が成り立ちました。また、「揀(カン)」に通じ(同じ読み

持つ」と同じ意味を持つようになって)、「えらぶ」の意味も表す

ようになりました。


漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえますので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「カン

常用漢字表外:「ケン

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「えら(ぶ)」、「つづま(しい)」、「ふだ

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
あきら」、「ひろ」、「ふみ」、「もと」、「やすし

画数

18画

部首

竹(たけ、たけかんむり(竹冠))

「竹」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る