漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「泊」という漢字
「泊」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「泊」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「とまる

 ア:「船が岸・港についてとどまる」(例:停泊)

 イ:「停止する(一時的に動きを止める)

 ウ:「旅先で宿をとる。また、その回数を数える言葉」(例:三泊)

 エ:「一時的に身を寄せること。また、その住まい」、「仮住まい

 オ:「ゆったりくつろぐ」、「休息する

②「とめる

 ア:「船を岸・港にとめる

 イ:「宿泊させる

③「とまり

 ア:「船着き場」、「

 イ:「宿屋」、「旅館

④「湖や沼

⑤「静か」、「心が静かであっさりしている」、「さっぱりしている」(例:淡泊)

⑥「薄い

⑦「浅い

⑧「泊栢(はくはく)はさざ波(小波)の意味

[止・留・泊の使い分け](とまる)

」・・・「動いていたものがとまる。」(例:時計が止まる)

」・・・「とまって動かない。」(例:目に留まる)

」・・・「船がとまる、宿泊する。
      (例:港に泊める、彼女・彼氏の家に泊まる)

成り立ち

形声文字です(氵()+)。「流れる」の象形と「頭の白い骨又は、

日光又は、どんぐりの実
」の象形(「しろい」の意味だが、ここでは、

「迫」に通じ(同じ読み持つ「迫」と同じ意味を持つようになって)、

ぴったり近づく・せまる」の意味)から、舟がぴったり近づいてとまる

水辺を意味し、そこから、「とまる」を意味する「泊」という漢字が

成り立ちました。


漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
漢字の面白さが無限に広がる、もらって大満足の資料となって
おります。ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「ハク

常用漢字表外:「ヒャク

訓読み:「と(まる)」、「と(める)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

画数

8画

部首

氵(さんずい(三水))

「氵」を含む漢字一覧

合わせてチェックしてみよう
」、「」、「」、「」、「」、「」、「」、「

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る