漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「恵/惠」という漢字
「恵/惠」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「恵」は中学生で習います。「惠」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「めぐむ

 ア:「気の毒に思って金品を与え

 イ:「親切にしたり、思いやりのある言葉をかけたりする」、
   「目下の者や弱い者をかわいがって大事にする

 ウ:「や上に立つ者が人々に幸福や利益になるものを与え

②「めぐみ

 ア:「幸福や利益をもたらすもの

 イ:「かわいそうに思う」、「思いやりの心

 ウ:「キリスト教で初めて犯罪をおかしてしまった時に、神に祈る
    事によって与えられる神の愛による救済(許し)の言う


③「さとい(賢い)」(例:知恵)

④「素直」、「従う

⑤「美しい

⑥「他人が自分に対してした行為に冠する敬語」(例:恵与)

成り立ち

会意文字です(の省略形+)。「糸巻き」の象形(糸を糸巻きに巻き

つける意味から、じて(派生して・新しい意味がかれて)、

一途(いちず)」の意味)と「心臓」の象形から、一途に心を傾ける

意味し、そこから、「めぐむ」、「いつくしむ」、「あわれむ」を意味する

「恵」という漢字が成り立ちました。

※「恵」は「惠」の略字です。

※「惠」は「恵」の旧字(以前に使われていた)です。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
漢字の面白さが無限に広がる、もらって大満足の資料となって
おります。ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「」、「ケイ

訓読み:「めぐ(む)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
あや」、「さと」、「さとし」、「しげ」、「とし」、
めぐみ」、「めぐむ」、「やす」、「よし

画数

10画」(恵)

12画」(惠)

部首

心(こころ)

「心」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る