漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「浪」という漢字
「浪」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「浪」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「なみ(風や震動によって起こる海や川の水面の高低運動)

 ア:「大きな、なみ」(小さな、なみは「」)

 イ:「なみの総称

②「なみが起こる

③「起こる」、「が起ころうとしている気配がある

④「動かす

⑤「さまよう(迷って歩き回る)」(例:流浪、放浪)

⑥「ほしいまま(気まま、自分のしたいようにするさま)」(例:浪費)

⑦「みだりに、むやみに(結果や正しいかどうかを考えないで行う事)

⑧「目的がない」、「なみのように定まらない」(例:浪人)

⑨「浪花(なにわ-大阪市の古名)の

⑩「浪漫は、ロマン(空想的・冒険的な要素の強い物語、小説、夢や冒険など
  への強いあこがれをもつこと)の意味


成り立ち

会意兼形声文字です(氵()+)。「流れる」の象形(「」の意味)と「穀物

の中から特に良いものだけを選び出すための器具の象形
」(「良い」の意味

だが、ここでは、「ザーザーと、うねる波を表す擬態語」)から、「なみ」を意味

する「浪」という漢字が成り立ちました。

擬態語とは、事物の状態や身ぶり等の感じをいかにもそれらしく
 象形文字でしたものをいます。


読み

音読み:「ロウ

常用漢字表外:「ラン

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「なみ」、「みだ(りに)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

画数

10画

部首

氵(さんずい(三水))

「氵」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る