漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「提」という漢字
「提」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「提」は小学5年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「さげる」、「手に下げる」、「手に持つ

②「ひっさげる

 ア:「大きなもの、目立つものなどを手にさげて持つ

 イ:「引き連れる

 ウ:「行動に出るに当たって、有力なよりどころとしてかかげる
   (例:新曲をひっさげて彼女はデビューした)

 エ:「無理を押して動かす

③「互いに手を取る

④「一緒に行く

⑤「かかげる

 ア:「持ち上げる

 イ:「かかげ示す」、「持ち出す」(例:提出)

⑥「釣り合う」、「互いに肩を並べる

⑦「ばらばらな物を1つにまとめる」、「全体をまとめて支配する」(例:提督)

⑧「取っ手(器物に手をかける部分)

⑨「身なりや外観を整えること」、「支度(準備、用意)

⑩「とどこおる

 ア:「が順調に運ばない

 イ:「金を支払うべき期限になっても支払わない

 ウ:「流れが止まる

⑪「碁の手法の1つ(うってあげ)

[提・下の使い分け](さげる)

」・・・「物を上でおさえて下にさげる場合。
     (例:首からカメラを提げる、手提げカバン)

」・・・以外はすべて、「下」を用いる。

成り立ち

会意兼形声文字です(扌()+)。「5本指のある手」の象形と「柄の長く

突き出たさじの象形と立ち止まるの象形
」(「柄の長く突き出たさじ」の

意味)から「手にさげて持つ」を意味する「提」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載されて
いて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージできる
アニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。漢字の面白さ
が無限に広がる、もらって大満足
の資料となっております。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって感動・大満足!!!
【漢字の謎 解明講座】の
無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「テイ

常用漢字表外:「ダイ

訓読み:「さ(げる)

常用漢字表外:「ひっさ(げる)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

画数

12画

部首

扌(てへん(手偏))

「扌」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る