漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「視/視」という漢字
「視/視」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「視」は小学6年生で習います。「視」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「みる

 ア:「目でみる」、「特に気をつけて見る」、「注意して見る」(例:監視)

 イ:「世話をする」、「養う

 ウ:「いたわる(弱い立場にあるなどに相手の気持ちを考え
    親切に接する)


 エ:「司る(職務・役目として取り扱う、支配する、管理下に置く)
   (例:視学、視事)

 オ:「~とみる」、「~と考え」(例:重大視、敵視)

②「のっとる(模範(手本)として従う)

③「なぞらえる

 ア:「ある事を類似のものとして比較して、仮にそれと見なす

 イ:「まねて作る

④「見比べる

⑤「しめす

 ア:「相手によくわかるように資料などを使ったりして教え

 イ:「指などでさして教え

 ウ:「時計などが、ある目盛りをさす

 エ:「考え・気持ち・反応などが相手に伝わるように、表して見せる

 オ:「ある現象が、の状態・傾向を表す

成り立ち

形声文字です(+)。「神にいけにえを捧げる台」の象形(「指(シ)」

通じ(同じ読み持つ「指」と同じ意味を持つようになって)、

ゆびさす」の意味)と「大きな目の」の象形から、「1点に視点を

集中させてみる
」を意味する「視」という漢字が成り立ちました。

※「視」は「視」の旧字(以前に使われていた)です。

※「視」は「視」の略字です。

漢字の成り立ちの歴史背景

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「

常用漢字表外:「

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「み(る)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「のり

画数

11画」(視)

12画」(視)

部首

①「(しめす、しめすへん(示偏))

「示・礻」を含む漢字一覧

②「見(みる)

「見」を含む漢字一覧

漢字・漢和辞典/学習教材:OK辞典 トップへ戻る