漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「鑑」という漢字
「鑑」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「鑑」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「かがみ

 ア:「金属製のかがみ(人の姿や物のを映し見る道具)」(同意語:鏡)

 イ:「模範(手本)

 ウ:「いましめ(前もって注意する、過ちを犯さないようにしかる)
   (例:殷鑑)

②「かんがみる

 ア:「鏡に映して見る

 イ:「前例と見比べて考え

 ウ:「手本としてみる


③「分ける(見て区別する)

④「見極める

 ア:「十分に確認する」、「最後まで確認する

 イ:「が本当かどうかを十分検討した上で、判断する

 ウ:「深いところまで知り尽くしている

⑤「分け(区別)」、「判断」、「目利き(器物や書画などが本物か
  偽物かや良いか悪いかを見分け)
」、「見識(の奥深く
  までを知り、その上で判断したり、意見を言ったりする
  できる力
」(例:鑑定、鑑別、鑑識)

⑥「照らす

⑦「明らか

⑧「」、「大きな平鉢

※鉢とは、皿より深く、壷(つぼ)よりは浅く、
 口の開いた容器の

成り立ち

会意兼形声文字です(+)。「金属の象形とすっぽり覆うさまを表した

文字と土地の祭る固めの象形
」(土中に含まれる

金属」の意味)と「しっかり見開いた目の象形とたらいをのぞきこむ人の

象形と水の入ったたらいの象形
」(「鏡にうつして見る」の意味)から、

金属製のかがみ」を意味する「鑑」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】の無料資料
申し込みはこちら




読み

音読み:「カン

訓読み:「かんが(みる)

常用漢字表外:「かがみ

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
あき」、「あきら」、「かた」、「かね」、「しげ」、「のり」、「」、「みる

画数

23画

部首

金(かね、かねへん(金偏))

「金」を含む漢字一覧

中国の漢字・中国語も学んでみませんか?

漢字が生まれて約4500年、各国では漢字の簡略化が実施され、
日本では略字が、中国では簡体字正字として使われるように
なりました。漢字の移り変わりと合わせて、中国と日本の漢字・
中国語と日本語の共通点や異なる点を発見しながら知識を深めて
いったり
中国語の発音・会話中国の文化・習慣・文法について
学ぶ事で自身のスキルアップ・キャリアアップにつなげる事が
できます。
学習内容に関する詳しい資料は無料でもらえます
ので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。

【ゼロからスタート!仕事で使える中国語】
の無料資料申し込みはこちら



漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る