漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「更/㪅」という漢字
「更/㪅」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「更」は中学生で習います。「㪅」は常用漢字外です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「かえる」、「あらためる

 ア:「古いものを新しくする(あらたまる)」、「取りかえる

 イ:「悪い点・不備な点をよいほうへ直す(あらたまる)

②「かわる

 ア:「新しくなる(あらたまる)

 イ:「悪い点・不備な点を直してよくなる(あらたまる)

 ウ:「きちんとした態度になる(あらたまる)

 エ:「入れかわる」、「交代する

③「こもごも

 ア:「多くのものが入り混じっているさま

 イ:「次々に現れてくるさま

 ウ:「順番に代わり合って」、「交代に

④「老人」、「経験を積んだ人

⑤「後を受け継ぐ

⑦「へる(経)

 ア:「時がたつ

 イ:「通過する

 ウ:「ある定まった過程を通る」、「経験する

⑧「老人」、「経験を積んだ人」(例:三老五更)

⑨「一夜を5つに分けた時間の単位。また、その時刻」(例:初更)

⑩「さらに

 ア:「その上に」、「重ね

 イ:「前にも増して」、「いよいよ」、「ますます

  ウ:「まったく」、「少し」、「決して」(日本のみで用いられる意味)

日本のみで用いられる意味

⑪「さら

 ア:「新しい」(例:さらの洋服)

 イ「言うまでもない」、「もちろん

⑫「ふける

 ア:「夜が遅くなる」(例:深更)

 イ:「年をとる

 ウ:「深まる」(例:秋更ける)

⑬「ふかす(夜遅くまで起きている)」(例:夜更かし)

成り立ち

会意文字です(+)。「重ねた台座」の象形と「ボクッという音を

表す擬声語と右手の象形
」(「手で打つ」の意味)から、台を重ね

圧力を加え固め平らにするを意味し、そこから、「さらに(重ねて)」、

あらためる」、「かえる」を意味する「更」という漢字が成り立ちました。

※擬声語とは、動物の音声や物体のを象形文字でしたもの
  をいます。

※「更」は「㪅」の略字です。

※「㪅」は「更」の旧字(以前に使われていた)です。

漢字の成り立ちの歴史背景

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「コウ

訓読み:「さら」、「ふ(かす)」、「ふ(ける)

常用漢字表外:「あらた(める)」、「か(える)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「とお」、「とく」、「のぶ

画数

7画」(更)

9画」(㪅)

部首

「更」の部首
曰(ひらび(平日)、いわく)

「曰」を含む漢字一覧

「㪅」の部首
攴(とまた(ト又)、ぼくづくり(攵旁)、ぼくにょう(攵繞))

「攵・攴」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る