漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「顧」という漢字
「顧」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「顧」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「かえりみる

 ア:「過ぎ去った思い起こす

 イ:「振り返って見る

 ウ:「心にとどめ考え」、「心配する

 エ:「あたりをぐるぐる見回す

 オ:「かわいがる」、「目下の者や弱い者を大切にする」(例:恩顧)

 カ:「訪ねる

②「見る」、「見つめる

③「観察する(の状態や変化を注意深く見る)

④「思う

⑤「かえりみ(かえりみる)

⑥「帰る」、「戻る」(例:顧反)

⑦「めぐる(ぐるぐる回る)

⑧「かえって(反対に、逆に)

⑨「ゆえに」、「それゆえ

⑩「ただ

 ア:「それだけ(限定の意味)

 イ:「ひたすら

 ウ:「しかし

 エ:「いたずらに(内容がない、無駄)

[顧・省の使い分け](かえりみる)

」・・・「反省する。」(例:自らを省みる)

」・・・「後方や過去を振り返る。」(例:昔の思い出を顧みる)

成り立ち

形声文字です(+)。「片開きの戸の象形(「入口」の意味)と尾の短い

ずんぐりした小鳥の象形
」(「季節ごとに色が変わって、季節の入口を示す鳥、

ふなしうずら」の意味だが、ここでは、「古(コ)」に通じ(同じ読み持つ「古」と

同じ意味を持つようになって)、「ふるい」の意味)と「人の頭部を強調した

象形(「」の意味)から、頭で古い方を「かえりみる」を意味する「顧」という

漢字が成り立ちました。


読み

音読み:「

訓読み:「かえり(みる)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「

画数

21画

部首

頁(おおがい(大貝)、いちのかい(一ノ貝))

「頁」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る