漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「堪」という漢字
「堪」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「堪」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「突き出ている土地

②「」、「天の道

③「たえる

 ア:「能力がある」、「十分に任務を行う事ができる

 イ:「こらえる」、「我慢する」(例:堪忍)

 ウ:「勝つ」、「優れている

 エ:「価値がある

[耐・堪の使い分け](たえる)

」・・・「我慢する」(例:日々の重労働に耐える)

」・・・「我慢する」、「能力がある」、「価値がある
     (例:暑さに堪える、難しい任務に堪える、聞くに堪えない)

成り立ち

会意兼形声文字です(+)。「土地の祭る固め」の

象形(「」の意味)と「かまどの上に水をいっぱいに入れた器を載せ、

下で火をたく
」象形(「おきかまど」の意味)から、「土で築いたかまどの煙突」、

突き出している土地」を意味する「堪」という漢字が成り立ちました。また、

「戡(かん)」に通じ(同じ読み持つ「戡」と同じ意味を持つようになって)、

弱気や欲望や自分に加えられた圧力に「うちかつ」・「たえる(堪忍)」、

こらえる」の意味も表すようになりました。



読み

音読み:「カン

訓読み:「た(える)

常用漢字表外:「タン

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「かつ」、「たえ」、「ひで

画数

12画

部首

土(つち、つちへん(土偏))

「土」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る