漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「疎/疏」という漢字
「疎/疏」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「疎」は中学生で習います。「疏」は人名用漢字(常用漢字外)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

「疎/疏」の意味

①「うとい

 ア:「親しくない」、「関係が深くない

 イ:「そのことについての知識や理解が不十分である」、
   「よく知らない

 ウ:「親しみが持てない

 エ:「わずらわしい(面倒で、出来れば避けたい気分である)

 オ:「関心がない

 カ:「頭の働きが鈍い」、「考えが足りない

②「うとんずる」、「うとむ

 ア:「遠ざける」、「嫌って避ける

 イ:「捨てる

③「うといこと

④「うとい人」、「遠い親戚

⑤「あらい(粗)

 ア:「細かでない」、「おおざっぱ

 イ:「礼儀正しくない

 ウ:「丁寧でない

 エ:「まばら」、「少ない

⑥「おろそか(注意が行き届いていない、いいかげんに扱うこと)

⑦「一つ一つ離れている

⑧「通る」、「通ずる」(例:疎通)

⑨「通す」、「開き通す」(例:疎通)

⑩「分け

⑪「分かれる

⑫「除く」、「取り去る

⑬「洗う

⑭「彫る」、「彫刻する

⑮「描く

⑯「敷く(一面に平らに広げる)

⑰「そうなった理由をわかりやすく説明する」(例:疎明)

「疏」のみで用いられる意味

①「しるす

 ア:「書き記す

 イ:「箇条書きにする

②「手紙。また、その文体」(例:書疏)

③「文体の名前。上奏文(天皇に意見や事情などを申し上げる
  文書)の
」(例:奏疏)

④「書籍の注釈(補足・説明・ 解説)」(例:注疏)

⑤「野菜」(同意語:蔬)

⑥「くしけずる(櫛で髪の毛をとかして整える)」(同意語:梳)

成り立ち

[疏の成り立ち]

会意兼形声文字です。「人の胴体の象形と立ち止まるの象形」(「

の意味)と「子が羊水と共に急に生れ出る象形」(「流れる」の意味)

から、足のように二すじに分かれて流れ通じるを意味し、そこから、

通る」、「空間ができて距離が遠くなる」を意味する「疏」という

漢字が成り立ちました。

[疎の成り立ち]

形声文字です(疋+)。「人の胴体の象形と立ち止まるの象形」(「」の

意味だが、ここでは、「疏(ソ)」に通じ(同じ読み持つ「疏」と同じ意味を

持つようになって)、「離す」の意味)と「たきぎを束ねた」象形(「束ねる」の

意味)から、「束ねたものを離す」を意味する「疎」という漢字が成り立ちました。

※「疏」は「疎」の旧字(以前に使われていた)です。


読み

音読み:「

常用漢字表外:「ショ

訓読み:「うと(い)」、「うと(む)

常用漢字表外:「とお(す)」、「とお(る)

「疎」のみで使用される常用漢字外の訓読み:
まば(ら)」、 「うろ」、「おろ」、「おろ」、「おろ(か)」、「おろそ(か)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「とおる

画数

12画」(疎・疏)

部首

𤴔(ひきへん)

「疋・𤴔」を含む漢字一覧

合わせてチェックしてみよう
」、「

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る