漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「篠」という漢字
「篠」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「篠」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「しの(しのだけ。根笹の仲間の総称。細くて、群がって生える竹。
  矢を作るのに用いる。)


※根笹とは、イネ科の植物。西日本の山野に群生し、高さ3メートルに
  達する。茎は地中を横に伸び強い。葉は細長く、先が急にとがる。
  4、5月ごろ花をつける。

②「しのぶえ(篠竹(しのだけ)を裸身のまま使った横笛)の略

③「植物の繊維(繊維(細い糸状の質)から糸にするまでの工程で、
  不純物の除かれた繊維を長さをそろえて太いひも状にしたもの


④「あじか(土を運ぶのに用いる竹製の器具)

成り立ち

会意兼形声文字です(+)。「」の象形(「」の意味)と「から

の象形とボクッという音を表す擬声語と右手の象形と水の

省略形(人の背に水を流して手で洗うさまから、「長いすじとなって

流れる」の意味)と大地を覆うの象形
」(「木の長いすじ」、「えだ

の意味)から「えだのような細い竹:しの」を意味する「篠」という漢字が

成り立ちました。


読み

音読み:「ショウ

訓読み:「しの

名前(音読み・訓読み以外の読み):「ささ

画数

17画

部首

竹(たけ、たけかんむり(竹冠))

「竹」を含む漢字一覧

合わせてチェックしてみよう
」、「

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る