漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「留/畱」という漢字
「留/畱」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「留」は小学5年生で習います。「畱」は常用漢字外です。)

成り立ち読み方画数・部首書き順(留)
意味

①「とまる」、「とどまる

 ア:「その場所にとどまる」、「動かない」(例:寄留、留守)

 イ:「とどこおる(が順調に進まない)

 ウ:「遅れる」、「長引く

 エ:「後に残る」(例:遺留)

 オ:「中止する

②「とめる」、「とどめる

 ア:「動かないようにする」、「押さえる

 イ:「止めさせる

 ウ:「引き止める

 エ:「とどこおらせる

 オ:「遅らせる」、「長引かせる

 カ:「後に残す

 キ:「ぐずぐずして決定・決行しない

③「久しい(長い時間がたっている)」、「長い

④「すきを狙う

⑤「ルーブル。旧ソビエト連邦の貨幣単位の略音訳

⑥「すばる(星座の名前。おうし座のプレアデス星群。六星から成る)

[止・留・泊の使い分け](とまる)

」・・・「動いていたものがとまる。」(例:時計が止まる)

」・・・「とまって動かない。」(例:目に留まる)

」・・・「船がとまる、宿泊する。」(例:港に泊める、彼女の家に泊まる)

成り立ち

形声文字です(丣+)。「同形のを左右対称においた」象形

(「等価のと交換する」の意味だが、ここでは「流(リュウ)」に通じ

(同じ読み持つ「流」と同じ意味を持つようになって)、「ながれる」の

意味)と「区画された狩猟地・耕地(田畑)」の象形から、田の間を流れる

が「とまる」を意味する「留」という漢字が成り立ちました。

※「留」は「畱」の略字です。

※「畱」は「留」の旧字(以前に使われていた)です。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「リュウ」、「

訓読み:「と(まる)」、「と(める)

常用漢字表外:「とど(まる)」、「とど(める)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「たね」、「とめ」、「ひさ

画数

10画」(留)

12画」(畱)

部首

田(た、たへん(田偏))

「田」を含む漢字一覧

合わせてチェックしてみよう
」、「」、「」、「」、「

書き順・書き方(留)
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る