漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「瑠/璢」という漢字
「瑠/璢」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「瑠」は中学生で習います。「璢」は常用漢字外です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「の名前。美しい宝石で7宝の1つ。吠瑠璃 (べいるり) 
  の美しい宝石。もあると言う
」(例:瑠璃)

※七宝とは、仏教において、貴重とされる7言う
  無量寿経においては、「、瑠璃(るり)、玻璃(はり)、硨磲(しゃこ)、
  珊瑚(さんご)、瑪瑙(めのう)
」とされ、法華経においては、
  「、瑪瑙、瑠璃、硨磲、真珠、玫瑰(まいかい)」とされる。

仏教とは、仏教をいた釈迦(しゃか)のいた、となる
  教え

②「ラピスラズリ(鉱物:ラズライトを主成分とした宝石。は、
  深いからである。)


鉱物とは、地球の表面を形作る岩石の層に存在する無生物で成分が
  一定の固定物質の

③「美しい青い持つオオルリ・コルリ・ルリビタキ
  (スズメヒタキ)の
」(例:瑠璃がいている)

④「瑠璃色(ややがかかった鮮やか)の

⑤「ガラス」(例:瑠璃)

※「琉(ル)」と同じ意味の字である。

成り立ち

形声文字です(()+())。「3つので貫き通した」象形

(「(宝石)」の意味)と「同形のを左右対称においた象形(「等価の

交易する」の意味だが、ここでは、「流(ル)」に通じ(同じ読み持つ」と

同じ意味を持つようになって)、「流れる」の意味)と区画された狩猟地・耕地

(田畑)の象形
」(流れるが「とどまる」の意味)から、美しい色を

とどめた瑠璃(-美しい宝石で7宝の1つ)」を意味する

「瑠」という漢字が成り立ちました。

※「瑠」は「璢」の略字です。

※「璢」は「瑠」の旧字(以前に使われていた)です。


日本語も合わせて学んでみよう!

漢字と関わりの深い日本語を学んで、
漢字の知識をもっと深めてみませんか?

世界中の人々に、日本語/漢字の歴史・魅力(素晴らしさ)
を伝えられるようになりますよ(^^♪

講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえる
ので、ぜひ、資料請求してみて下さい。


⇒【日本語教師入門講座】
無料資料申し込みはこちら



読み

音読み:「」、「リュウ

訓読み:なし

画数

14画」(瑠)

16画」(璢)

部首

玉・⺩(おう(王)、おうへん(王偏)、たま(玉)、たまへん(玉偏))

「玉・⺩」を含む漢字一覧

合わせてチェックしてみよう
」、「」、「」、「」、「

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る