漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「璃」という漢字
「璃」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「璃」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「の名前。美しい宝石で七宝の1つ。」(例:瑠璃(ルリ))

②「の名前。水晶の美しい宝石で七宝の1つ。」(例:玻璃(ハリ))

③「ガラス」(例:玻璃(ハリ))

水晶とは地殻(地球の表面)を形成する物質の1つである
  二酸化ケイ素 (SiO₂)固まって出来た

※七宝とは、仏教において、貴重とされる七種の言う
  無量寿経においては、「、瑠璃、玻璃、硨磲(しゃこ)、
  珊瑚(さんご)、瑪瑙(めのう)
」とされ、法華経においては、
  「、瑪瑙、瑠璃、硨磲、真珠、玫瑰(まいかい)」とされる。

仏教とは、仏教をいた釈迦(しゃか)のいた、となる
  教え

成り立ち

会意兼形声文字です(王()+离)。「3つので貫き通した

象形(「」の意味)と「飾りをつけた」の象形(「をした

山神
」の意味)から、「琉璃」、「玻璃」を意味する「璃」という漢字が

成り立ちました。


漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
【漢字の謎 解明講座】の資料も合わせてもらってみて下さい。

ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。

また、古代中国の歴史がイメージできるアニメの絵も
あって
とてもわかりやすかったです。

講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「

訓読み:なし

名前(音読み・訓読み以外の読み):「あき

画数

15画

部首

玉・⺩(おう(王)、おうへん(王偏)、たま(玉)、たまへん(玉偏))

「玉・⺩」を含む漢字一覧

合わせてチェックしてみよう
」、「」、「」、「」、「」、「」、「」、「

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る